2/22ページ

2/22ページ

阪急電鉄 神宝線 5100系リニューアル車ほか

 5100系は京都線まで含めた阪急全線対応車両として開発されました。 もちろん基本は5000系でその冷房付き量産車と位置づけられる車両です。 1971~79年に90両製造されました。 2004年からリニューアル工事が実施されています。 2004年3月に5146Fが、2005年9月には5128Fが施工されました。 内装は大きく変更されていますが、足回りは従来通りです。 識別ポイントは、客用扉の窓と […]

阪急電鉄 神宝線 5100系

 5100系は宝塚線用でありながら神戸線でも活躍している-と多くのファンにそう認識されていますが、実は京都線まで含めた阪急全線対応車両として開発されました。 もちろん基本は5000系でその冷房付き量産車と位置づけられる車両です。 主電動機の出力は140kWで5000系の170kWよりも設定されています。 パワーダウンしたのは、単に宝塚線用だからいうのではなく、神戸線のみならず地下鉄堺筋線にまで対応 […]

阪急電鉄 京都線 7300系 リニューアル車

 7300系は、7000系の京都線用バージョンとなる界磁チョッパ制御車です。 1982~89年に83両製造されました。 リニューアル工事は2008年7320Fに施工されましたが、2014年の7303Fまで長く途絶えていました。 なお7303F以降は、制御装置をVVVFインバータ制御に変更しましたので別物といっていいでしょう。 2017年の形式呼称変更以前は7303形7803形、7903形7403形 […]

阪急電鉄 京都線 7300系

 阪急7300系は、7000系の京都線用バージョンとなる界磁チョッパ制御車です。 1982~89年に83両製造されました。 なお最終増備車である27F+07F(2+6)の8両は8300系の登場以後となる89年製です。 86年製の7310はVVVFインバータの試験車です。(2018年のリニューアル時に電装解除) 00・01F(登場時6連)はスチール製車体でしたが02F以降はアルミ車体となっています。 […]

阪急電鉄 京都線 3300系 リニューアル車ほか

 3300系は大阪市営地下鉄堺筋線との相互直通運転用車両です。 1967~69年に120両製造され、1979年には付随車6両が増備されています。 非冷房で登場していますが1982~85年に冷房化、2003~06年にリニューアル工事が実施されました。 全て8連で、クーラーのキセと側扉の窓が大きいのが識別ポイントです。 2017年の形式呼称変更以前、3335形Mo、3411形Mo、3820形MR […]

阪急電鉄 神宝線 3100系

 3100系は1969年の宝塚線1500V昇圧を踏まえた昇圧対応車。 1964~69年に40両がナニワ工機で製造されました。Tc-M-T-Mcの4連が基本です。 電動機はSE535(120kw×4)WN駆動です。台車はミンデンドイツ式(FS-345/045)。 ブレーキは発電ブレーキ併用のHSC-Dを搭載しました。 1975~85年に冷房化されました。 冷房装置はRPU-3003(10,500kc […]

阪急電鉄 神宝線 3000系

 3000系は1967年の神戸線1500V昇圧を踏まえた昇圧対応車。 1964~69年に114両がナニワ工機で製造されました。Tc-M-T-Mcの4連が基本です。 電動機はSE534(170kw×4)WN駆動です。 台車はミンデンドイツ式(FS-345/045)ブレーキは発電ブレーキ併用のHSC-Dを搭載しました。 1975~84年に冷房化されました。 冷房装置はRPU-3003(10,500kc […]

阪急電鉄 神宝線 2000系 2021系

ここでは、阪急初の回生ブレーキと定速運転制御を装備した高性能車2000系「オートカー」とその派生系列である2021系をUPしています。 詳細については各画像下を参照してください。 2000系列の一部は走り装置が撤去され改造付随車となり生きのびました。 5000系や3000系などに組み込まれて何の違和感も感じないのは、思えば、それだけ古くささを感じさせない完成されたフォルムであったということでしょ […]

阪急電鉄 京都線 3300系

大阪市営地下鉄堺筋線の開業にあたり相互直通運転用車両として登場しました。 1967~69年に120両が製造され、1979年には付随車6両が増備されています。 当初4M1Tの5連で登場、MM’ユニット方式を採用したことからM車の比率(MT比)が高く電動機(TDK831-A)の出力は130kWと低めです。 定格速度も低めに設定されていますが、弱め界磁の制御範囲が広く高速運転も可能で、特急に […]

阪急電鉄 神宝線 2100系

2100系は1962年に登場しました。 2000系の宝塚線仕様車で主電動機は出力150→100kWに、歯車比は5.31→6.07に変更されています。 2100形(Mc)2150形(Tc)が各15両ずつ、合計で30両製造されました。 2000系同様1967年昇圧改造され(600→1500V )定速制御と回生ブレーキが撤去されました。 なお2100系は冷房化されませんでした。しかし2000系に編入され […]

1 2 22