JR東日本 キハ48形「リゾートしらかみ」青池編成 1997-2010

JR東日本では五能線の観光列車として50系客車を改造した「ノスタルジックビュートレイン」を1990~96年に運行していました。 その後を受けて1997年にデビューしたのが「リゾートしらかみ」青池編成です。 1997年3月にキハ48形4連で運行を開始しました。 2006年3月に中間車(キハ48 1521)をくまげら編成に転用し3連に。 2010年12月にHB-E300系にバトンタッチ。中間車(キハ4 […]

JR東日本 キハ141系+C58形239号機 SL銀河 号

SL銀河号は盛岡市の交通公園に保存されていた蒸気機関車、C58形(239号機)を復元し釜石線で走行させた観光列車です。 2014年4月に運行を開始しました。 釜石線の起点である花巻出身の作家 宮沢賢治。 その代表作「銀河鉄道の夜」をイメージしており客車には星座が描かれ「夜が明け、朝へと変わりゆく空」を表現したものとなっています。 鉄道車両マニアとしておもしろいのはこの客車が動力付きであるということ […]

「動力付き客車」JR東日本 キハ141系700番台 SL銀河号 珍車ギャラリー#278

キハは気動車です。本来自力で移動し他の動力車と連結することはまずありません。 しかし2014年にデビューした「SL銀河号」のキハ141系は SLと力を合わせて山を登り 時にはSLを牽引して移動するのです。 この頼もしいというか 今まであり得なかった気動車が今回ご紹介するキハ141系です。 2014年にデビューしたと記しましたが実際は中古車を改造したものです。 JR 東日本がJR 北海道から購入した […]

JR東日本 キハ40系 キハ47形 0/1000番台 500/1500番台 快速べにばな

JR東日本が継承したキハ40系は219両。 うちキハ47形は片運転台で両開きドア車。(キハ48形は片開きドア) うち500/1500番台は新潟地区向け寒地仕様で空気ばね台車を装備します。 0/1000番台は準寒地仕様で台車が金属ばねとなります。(なお+1000はトイレなし) 1978~83年に500番台 (501 – 22)と1500番台車21両 (1501 – 21) が […]

JR東日本 キハ40系 キハ48形 500番台 1500番台

JR東日本が継承したキハ40系は219両。 両運転台車であるキハ40形、片運転台車であるキハ47形とキハ48形に大別できます。 うちキハ48形500/1500番台は寒地仕様。片開きドアの片運転台車です。 (0/1000番台は準寒地仕様 台車が金属ばね  なお+1000はトイレなし) JR東日本が継承したキハ48形は74両(500番台41両・1500番台33両)です。 線区に応じてワンマン化や冷房化 […]

JR東日本 キハ40系 キハ40形500番台 2000番台

キハ40系は1977~82年に投入されたローカル線用標準型気動車です。 両運転台車であるキハ40形、片運転台車であるキハ47形とキハ48形に大別できます。 JR東日本が継承したキハ40系は219両。 うちキハ40形は117両(500番台92両・1000番台7両・2000番台18両)です。 キハ40形500番台は寒冷地向け両運転台車(トイレ付き)です。 77~82年に94両製造され そのほとんどがJ […]

JR東日本 HB-E210系 ハイブリッド車

2015年JR東日本は「仙石東北ライン」をスタートさせました。 しかし東北本線が交流電化であるのに対して・仙石線は直流電化です。 そして直通運転用の接続線は非電化で建設されたました。 さてどうしましょう?キハではありません。 HB-E210形が投入されました。HB すなわちハイブリッド車です。 キハE200形やHB-E300系と同じくディーゼルエンジンはもっぱら発電機を回転させる電力用として使用し […]

「門鉄デフ付きD51」JR東日本 D51形蒸気機関車 珍車ギャラリー#304

D51形蒸気機関車は1936年(昭和11年)から太平洋戦争中にかけて大量生産されました。 その総数は1,115両を数えます。 この数字は日本の機関車1形式の両数としてはディーゼル機関車や電気機関車などを含めても最大となるもので、 日本全国、津々浦々で活躍したD51形は「デゴイチ」の愛称とともに、日本の蒸気機関車の代名詞的存在です。 今回取り上げる498号機は そんなD51形のなかでも標準的な車両で […]

JR東日本 旧型客車+C61形20号機 SLみなかみ号

JR東日本では旧形客車を高崎車両センターに在籍させイベント列車などを運行しています。 (オハニ36 11、スハフ32 2357、スハフ42 2173・2234、オハ47 2246・2261・2266) ここでは2011年に復活したC61形20号機および この時牽引されていた旧型客車の画像(2014年4月撮影)をご覧いただきます。 スハフ32形の床は木製でニス塗りのボックスシートを使用するなど昔なが […]

JR東日本 12系客車+D51形498号機 SLみなかみ号

国鉄民営化すぐの1988年、JR東日本でも蒸気機関車を復活させました。 上越線後閑駅前で保存されていた498号機です。 498号機は当時来日していた「オリエントエクスプレス’88」で復活を果たし。 その後主に上越線の「SL奥利根号」(現在は「SLみなかみ」)をメインに、様々なイベント列車の牽引に起用されました。 そして2010年4月には 集煙装置を装備するとともに 切り取り式大型デフレクタ(後藤デ […]

1 104