3/104ページ

3/104ページ

JR東日本 キハ58系 急行「べにばな」米坂線 羽越線 

キハ58系は国鉄が1961~69年に1,823両製造した急行形気動車です。 JR東日本には キハ58形232両、キハ28形79両、イベント用9両の合計320両が承継されました。 意外なことにキロ28形やキハ65形、キハ57形などは在籍していません。 急行「陸中」「べにばな」「月山」として運行されました。 晩年は 東北・信越地区での普通列車を中心に運用され地区ごとの専用塗装となったものも数多く存在し […]

JR東日本 キハ58系 秋田支社色 新潟支社色 長野支社色

キハ58系は国鉄が1961~69年に1,823両製造した急行形気動車です。 20m級クロスシート車体にDMH17系エンジンを搭載した形式群の総称で 1エンジン車のキハ28形やグリーン車であるキロ28形などが該当します。(酷寒地用のキハ56系、碓氷峠区間対策車のキハ57系を含む場合もあります) 国鉄分割民営化時にJR5社に1,098両が承継されました。 JR東日本には キハ58形232両、キハ28形 […]

JR東日本 キハ37形  久留里線色

キハ37形は、国鉄が1983年に製造しました。 標準タイプをベースにして地方線区の実情に合わせたメニューを選べるオプション制を採用しています。 新型の直噴式ターボエンジンDMF13S形 (210PS/1,600rpm)を搭載、一方調達コストを抑えるため台車、変速機などを流用しています。 5両製造されました。トイレなしの1000番台が3両、トイレ付きの0番台が2両です。 1999年より冷房化改造が行 […]

JR東日本 キハ23系 キハ23形 キハ45形

キハ23形は国鉄が1966~69年に製造した一般形気動車です。 キハ23系とはこれと同タイプの車体をもつ形式群の総称です。 両運転台のキハ23形、片運転台のキハ45形および2エンジン車のキハ53形などが該当します。 196両が製造されました。キハ20系が1,126両であることを考えると少数派です。 JR東日本には キハ23-500番台:11両、キハ45-0番台:11両、500番台:14両 計36両 […]

JR東日本 キハ20系 キハ52形

キハ20系は国鉄が1957~66年に製造した一般形気動車の総称です。 JR東日本には キハ20形11両、キハ22形54両、キハ52形30両の合計95両が承継されました。 ここでは2エンジン車のキハ52形をピックアップしました。 キハ52形はエンジンの換装と更新改造が施され2000年代後半まで使用されました。 キハ52形100番台に対し1990~92年にかけて28両に車両更新工事が施工されました。 […]

JR東日本 キハ20系 キハ20形 キハ22形

キハ20形は国鉄が1957年に開発した一般形気動車です。 キハ20系とはこの20m級軽量車体にDMH17系エンジンを搭載した形式群の総称です。 酷寒地向けのキハ22形や2エンジン車のキハ52形などが該当します。 1966年までに系列合計で1,126両が製造されました。 JR東日本には キハ20形11両、キハ22形54両、キハ52形30両の合計95両が承継されました。 キハ20形は関東地方にキハ22 […]

JR東日本 キハ110系200番台 キハ110形 キハ111/112形(300番台改造車を含む)

キハ110系200番台は1993年製造のマイナーチェンジ車です。 100番台と同じくセミクロスシートのスタンダードタイプで 側扉を引戸にした点が大きな特色です。 キハ110形45両、キハ111+112形2連×21=87両が導入されました。 うちキハ110形14両 (223 ~ 236) とキハ111・112形2連×3 (210 ~ 212) の計20両は300番台からの改造編入車となります。 キハ […]

「ずーっと脇役」JR東日本 185系200番台 珍車ギャラリー#424 

2024年春。臨時列車として185系が運行されることが発表されました。 JR東日本になってから登場した251系「スーパービュー踊り子」は1990.91年製です。 185系とは同じ路線で活躍していたこの251系が2020年3月に引退、翌月には廃車されているのです。 これは一体どういうことなのでしょう。今回は185系の魅力に焦点を当ててみたいと思います。 国鉄最後の特急形電車 185系は1981.82 […]

JR東日本 キハ110系100番台 キハ110形 キハ111/112形 20m級ローカル線用気動車

キハ110系100番台は 普通列車用の20m級セミクロスシート車。 0番台の回転クロスシートをセミクロスシートに改めたスタンダードタイプ。 1991~92年に両運のキハ110形39両に対し片運のキハ111・112形は2連×21=42両 で計81両が製造されました。 磐越東線をはじめ 小海線、磐越西線と続々と投入され1992年には水郡線にも入線しました。 なおクロスシートは混雑時のことを考え2×1列 […]

JR東日本 キハ110系 0番台 キハ110形 キハ111/112形 急行「陸中」用

キハ110系0番台は20m級の回転クロスシート車。 両運のキハ110形5両、片運のキハ111・112形2連×3本とともに急行列車用として誕生しました。 1990年から釜石線の急行「陸中」に投入されました。 機関はカミンズ、新潟製で420PSと出力の高いものが搭載されています。 特急車並みの車内設備を誇りましたが、急行列車そのものが衰退傾向にあり増備は11両に留まりました。 キハ110系0番台は急行 […]

1 3 104