鉄道車両写真集

1/103ページ

JR九州 813系1100番台 近郊形交流電車 2007~2022年

813系は1994~2009年の長きにわたって254両が製造されました。 ラストとなる1100番台は2007.09年に3連×15=45両が投入されました。 1000番台(2005年製)との違いは行き先表示器が大型化されたことです。 インバータ制御器は1000番台と同じくIGBT素子で 回生ブレーキ付きとなりました。 パンタグラフはシングルアーム。Tc-M-Tcの構成も1000番台と同じです。 なお […]

JR九州 813系1000番台 近郊形交流電車 2005~2022年

1994~2009年に254両が製造された813系。 1000番台は2005年に3連×3=9両が投入されました。 インバータ制御器がGTOからIGBTに変わり回生ブレーキ付きとなりました。 パンタグラフがシングルアームになったことと 編成がTc-M-Tcになったことも変更点です。 なお車内は 0番台と同じく転換クロスシート車です。(車端部を除く) 2009~10年にワンマン運転に対応。 2021~ […]

JR九州 813系300番台 近郊形交流電車 2003~24年

813系300番台は2003年に3編成(Rm301~302)計9両 製造されています。 2002年の事故により廃車となった車両の代替として製造されたグルーブです。 廃車車両から使用可能な部品を再利用しています。 よって台車はRm301.302がRm08.101発生品のDT401K・TR401Kを、 Rm303がRm231のDT403K・TR403Kを装備します。 車体は200番台がベースとなります […]

JR九州 813系200番台 近郊形交流電車 1997年~

813系は1994~2009年に254両製造されたJR九州の一大勢力です。 200番台は1997.98年に登場しました。 Rm201~236編成は全て3連。計108両 製造されています。 200番台は経済性重視の設計で車体のリブが少なくなり 号車札差しやトイレの採光窓、フォグランプなどもなくなりました。 車内は100番台と同じく一部固定クロスシートとし立席定員を増加させています。 台車はDT403 […]

JR九州 813系100番台 近郊形交流電車 1995年~

813系はJR九州初のインバータ電車。1994~2009年に254両が製造されました。 0番台は2連でのデビューでしたが1995.96年に登場した100番台は最初から3連です。 サハ813形100番台を加えた Rm101~113編成が南福岡区に配属されました。 100番台では扉寄りの座席を固定クロスシートとし立席定員が増加しています。 0番台と足回りは同じです。ブレーキは電気指令式ですが回生ブレー […]

JR九州 813系0番台  近郊形交流電車 1994年~

813系はJR九州初のインバータ電車でありドーンデザインによる初めての新車です。 1994~2009年の長きにわたって254両が製造されました。 0番台は1994年に2連×9=18両が投入された転換クロスシート車です。(車端部を除く) 交流電源を降圧、サイリスタ位相制御で直流に変換した後、VVVFインバータ(PC400K:GTO)でモータ(MT401K)を制御します。(1C1M) ブレーキは電気指 […]

JR九州 811系 「REDEYE」検測装置搭載車 Pm7609編成 2018.19年改造

811系 REDEYEは営業列車に検測装置を搭載した車両です。 2018年にPm109編成が、2019年にPm105編成が改造されました。 編成車番は+6000。加えてリニューアル改造で+1500、車椅子スペース設置で+500となります。 クモハ810-109→(+6000、+リニューアル1500)→7609 クモハ810-105→(+6000、+リニューアル1500、+車椅子スペース設置500) […]

JR九州 811系リニューアル車 1500番台 2000番台  2017年~改造

811系0番台は2017年から リニューアルされています。1500番台 2000番台です。 (検測機能がついているものを除く) 0番台の制御装置(サイリスタ位相制御)をVVVFインバータ制御(M’c:PC408KA、M:PC408KB)に変更、回生ブレーキ付きとなりました。 モータも誘導電動機(MT405K)に変更され パンタグラフもシングルアーム式(PS401K)に変更されています。 […]

JR九州 811系100番台 近郊形交流電車 1992年~

811系100番台は1992~93年に4連×11本=44両が製造されました。 0番目のマイナーチェンジ車です。扉近くの座席を固定化する程度で大きな違いは見られません。 注目はPm105、106編成にサハ811形200番台を組み込んでいることです。 臨時の長距離列車で使用することを考慮してトイレを設置したものです。 なおPm105編成はリニューアルされPm8105編成となりました。 サハ811-20 […]

JR九州 811系0番台 近郊形交流電車 1989年~

811系は1989~93年に4連×28=112両が製造されました。 (うち0番台は1989~92年に 4連×17=68両) JR九州が最初に手がけた近郊形交流電車です。 3扉転換クロスシート車で基本は4両編成(2M2T)。 軽量ステンレス車体ですがマスクはスチール製です。 MM’ユニットで M車(モハ811形)に制御装置(サイリスタ位相制御)を搭載します。 モータはMT61QA(150 […]

1 103