鉄道車両写真集

1/26ページ

近畿日本鉄道 10100系/ 20100系 特急車 ビスタカー/あおぞら号

 10100系は1959年デビューした10000系ビスタカーに次ぐ、2代目ビスタカーです。 近鉄はこれを「新ビスタカー」と呼んでいます。(30000系「ビスタカー」登場後は「ビスタII世」) モ10100形、サ10200形、モ10300形の3車体2連接構造の固定編成で、中間が2階建構造となります。 大阪~名古屋間の直通特急用として新造したもので、125kWの主電動機を編成あたり8個搭載、33‰の上 […]

近畿日本鉄道 10400系/ 11400系 特急車 旧エースカー/新エースカー

 10400系は、1961年に乙特急用として新造されました。 当初は125kwモータ車でしたが、後述する11400系と足並みを揃えるため66年に145kwモータに変更されています。 MMユニットの2両(モ10400形)を基本にTc(ク10500形)を1両もしくは2両を増結する編成でした。 クーラーの方式を変更した1974年、Tc-Tc-Mc-Mcの固定編成となりました。1992年までに廃車されてい […]

近畿日本鉄道 16200系 青の交響曲(シンフォニー) 吉野線特急

  16200系は2016年9月に営業運行を開始した観光特急「青の交響曲」(あおのシンフォニー)用車輛です。 種車は6221F。足回りも車体のフォルムもほぼ6200系のままです。しかし、 紺色を基調としたメタリック塗装に金色の帯にエンブレムが配された姿は、観光特急の名に恥じない豪華さを醸し出しています。 1・3号車にサロン席(3・4人用)とツイン席(2人用)、2号車にラウンジスペースとバーカウンタ […]

近畿日本鉄道 16600系 吉野線特急

 16600系は2010年に2両編成2本(モ16601-ク16701)が製造されました。 22600系の車体がベースとなる南大阪線版「Ace」です。 主制御器は日立製VFI-HR-2420F、2レベルVVVFインバータ制御(IGBT)で、 モーターは三菱製MB-5137-A(185kw)。 台車はKD-316/Aで、パンタグラフはシングルアームのPT-7126-Aとなっています。 2016年 […]

近畿日本鉄道 26000系 吉野線特急 さくらライナー 

 26000系は1990年に『さくらライナー』の愛称でデビューしました。 89年に登場した21000系『アーバンライナー』をベースに設計された同じくオールMの編成です。 『アーバンライナー』ほど高速運転することはないのでモータの出力は控えめです。 (21000系の125kwに対し95kW(三菱電機MB-3308-A ギア比3.81)) 主制御器は抵抗制御で日立製のMMC-HTB-0U(1C8M)で […]

近畿日本鉄道 16400系 吉野線特急 

 16400系は1996年に16000系の置き換え用として 2連×2本が製造されました。 (モ16401.2-ク16501.2) 1990年の26000系以来6年ぶりの増備車で、車体は22000系「ACE」がベースになっています。 主制御器は日立製VFI-HD、3レベルVVVFインバータ制御(IGBT)です。 1C2M制御を2群用意し故障時に備えます。 MT編成となったためモーターは160kw(三 […]

近畿日本鉄道 16010系 吉野線特急

 16010系は16000系の増備車です。 1981年に2両編成1本のみ(モ16011-ク16111)が製造されました。 主制御器は日立製MMC-HTB-10F、モーターも三菱電機製MB-3082-Aとなっており、いずれも16000系と同じです。 マイナーチェンジといっていいでしょう。 ただ、12410系の車体がベースになっているので見たも大きく異なり新系列車となっています。 なお台車はKD-89 […]

近畿日本鉄道 16000系 吉野線特急 

 16000系は、南大阪線・吉野線向けとなる最初の特急用車両で、1965年3月デビューしました。 11400系「新エースカー」の車体をベースに、南大阪線用通勤車である6000系の足回りを組み合わせた構成になっています。 制御器は抵抗制御で日立製MMC-HTB-10F、モーターは三菱電機製MB-3082-A(135kw)を搭載します。 台車はといいますと、製造年次が長期に及ぶため 01.02F(19 […]

南海電気鉄道 南海線 9000系

 9000系は1985~88年に6連×2本、4連×5本の計32両が東急車輛で製造されました。 南海本線用としては初めてのステンレス車となります。 日立製 界磁チョッパ制御器VMC-HTR-20Bを搭載します。 従来のバーニア制御をベースに界磁制御をチョッパ制御で置き換えたものです。 ちなみに8200系も三菱製 界磁チョッパ制御器を搭載していました。 主電動機は三菱製MB-3280-BC×4。台車は […]

南海電気鉄道 高野線 8000系試作車 6200系 6521F 

 高野線用 旧8000系は、1975年製の 電機子チョッパ制御試作車です。 自動可変界磁(AVF)式となる三菱製CAFM218-15RH を採用、高速域からの回生ブレーキが可能です。 ブレーキはHSC-R、台車はS型ミンデン式のFS-392/092となっています。 車体は6200系と同一です。識別ポイントは電気連結器ではないことくらいでした。 8501-8001-8002-8502 の4連で竣工、 […]

1 26