珍車ギャラリー

2/18ページ

「動力付き客車」JR東日本 キハ141系700番台 SL銀河号 珍車ギャラリー#278

キハは気動車です。本来自力で移動し他の動力車と連結することはまずありません。 しかし2014年にデビューした「SL銀河号」のキハ141系は SLと力を合わせて山を登り 時にはSLを牽引して移動するのです。 この頼もしいというか 今まであり得なかった気動車が今回ご紹介するキハ141系です。 2014年にデビューしたと記しましたが実際は中古車を改造したものです。 JR 東日本がJR 北海道から購入した […]

「門鉄デフ付きD51」JR東日本 D51形蒸気機関車 珍車ギャラリー#304

D51形蒸気機関車は1936年(昭和11年)から太平洋戦争中にかけて大量生産されました。 その総数は1,115両を数えます。 この数字は日本の機関車1形式の両数としてはディーゼル機関車や電気機関車などを含めても最大となるもので、 日本全国、津々浦々で活躍したD51形は「デゴイチ」の愛称とともに、日本の蒸気機関車の代名詞的存在です。 今回取り上げる498号機は そんなD51形のなかでも標準的な車両で […]

「七福神になり損ねた1000番台」JR東日本 キハ40-1006 珍車ギャラリー#242

小湊鐵道ではキハ20形タイプのキハ200形が14両在籍し 永く彼女たちの独壇場といったところでした。 しかしキハ200形は1961~77年に新製導入されたものです。 さすがに寄る年波には抗せず休車状態にまた運用を離脱するものも現れてきました。 そこで後を引き継ぐことになったのがキハ40形です。 2020年に2021・2026が、2021年に 2018・2019・1006がJR東日本から譲渡されまし […]

「最後の新製急行用気動車」JR東日本 キハ110系0番台  珍車ギャラリー#351

JR東日本には特急用気動車が在籍しません。 意外な気がしますが根室本線や山陰本線のような非電化の長大路線がないのが大きな理由です。 一方で急行用として新製の気動車をデビューさせているのです。 キハ110系です。急行「陸中」としてデビューし 特急として運用された300番台も存在しました。 その試作車となる0番台。どんな車両なのでしょう。 最後の急行用気動車 2009年、岡山~津山間の急行「つやま」が […]

「ずーっと脇役」JR東日本 185系200番台 珍車ギャラリー#424 

2024年春。臨時列車として185系が運行されることが発表されました。 JR東日本になってから登場した251系「スーパービュー踊り子」は1990.91年製です。 185系とは同じ路線で活躍していたこの251系が2020年3月に引退、翌月には廃車されているのです。 これは一体どういうことなのでしょう。今回は185系の魅力に焦点を当ててみたいと思います。 国鉄最後の特急形電車 185系は1981.82 […]

「異形のマスクのわけは」JR東海 キヤ97系 R101編成 珍車ギャラリー#334

キヤ97系は在来線用のレール運搬車両として2007年に製作されました。 国内初の気動車によるレール運搬車両で定尺レール(25m)運搬用となるR1~4編成と、ロングレール(200m)運搬用のR101編成があります。 かつては機関車がレール運搬用貨車を牽引する形でレール輸送を行っていましたが JR東海ではこれを気動車でやることにしたのです。 なぜ気動車なのか?ということについては すでに珍車ギャラリー […]

「足自慢のレール運搬車」JR東海 キヤ97系 R0編成 珍車ギャラリー#197

2007年、JR東海に今までに見たことのないヘンな車両が登場しました。 コンテナ貨車のようでありながら、とってつけたような運転台があります。 いったい彼女は何者なのかと申しますと 国内初。気動車による在来線用のレール運搬車-キヤ97系-です。 レールは消耗品 鉄道ですから当然レールはつきものです。 でも丈夫に見えるレールも実は消耗品です。寿命が来れば交換しなければなりません。 JR東海においてはか […]

「中央西線用113系」JR東海 113系 モハ112-8000番台 珍車ギャラリー#177 

JR東海が発足した当時、113系は在来線においてはもっともありふれていた車両でした。 それでもJR東海独自の冷房改造をされた5000/6000番台などは他のJR各社では見られないものです。 6両編成でクハ111-6103を含むR1編成なんかは追っかけて撮影したものです。 対して国鉄末期に登場した2000番台は外見に変化が乏しくあまり触手が動きませんでした。 それでもクモハ113-2000番台という […]

「境界線を越える意味」JR東海 313系1700番台 珍車ギャラリー#190

国鉄時代から 車両の形式について番台区分という分類が行われています。 113系の湖西線バージョンであれば それは700番台という具合です。 JR東海でも その手法は引き継がれています。 国鉄から継承した113系のうち  東京口へ乗り入れるためにATS-P型を装備することになったT編成は新たに600番台を名乗ることになりました。 113系ほどメジャーな系列になりますと国鉄時代 JR時代を通じて様々な […]

「パノラマグリーン車」JR東海 381系 クロ381形10番台 珍車ギャラリー#423

JR西日本の381系もいよいよ最後の時が近づいてきたようです。 今となってはJR東海の381系など忘れ去られているのではないかと思うほどです。 1995年には383系(「ワイドビューしなの」)への置換えが始まり、 1996年以降 臨時列車に残るのみ。 そして2008年5月には全廃されたのですから存在感がないのはしかたのないところでしょうか。 でも私にとっての381系は「しなの」なんですね。 振り返 […]

1 2 18