JR九州 303系 筑肥線用 直流通勤形電車 2000年~

JR九州 303系 筑肥線用 直流通勤形電車 2000年~

303系は2000年1月に筑肥線(下山門-筑前前原間)が複線化されたことに伴い輸送力増強のために新造されたVVVF制御の新車です。
K01.02編成が1999年12月に K03編成が2002年8月に新製されました。
103系と違って6連オンリーです。モハ303に制御装置(PC-403K)を備えます。
100番台にシングルアームパンタ(PS402K)を加えたことで下一桁が揃いました。
2003~04年にかけて①号車クハ303にトイレが設置されています。
ここでは2001年4月撮影のK1編成と2008年7月撮影のK2編成をUPしました。

303系 K01編成 2001年4月撮影

JR九州 303系 6両編成 編成表 K01F~03F 唐津鉄道事業部
←西唐津                福岡空港→
クハ303+モハ303-100+モハ302-0+モハ303-0+モハ302-100+クハ302
参照:JR電車編成表 00年夏号
K01F 2001.4.撮影 撮影場所:下山門  まだトイレは設置されていません。

K01編成① クハ303形0番台 クハ303-1

K01編成② モハ303形100番台 モハ303-101

K01編成③ モハ302形0番台 モハ302-1

K01編成④ モハ303形0番台 モハ303-1

K01編成⑤ モハ302形100番台 モハ302-101

K01編成⑥ クハ302形0番台 クハ302-1

撮影場所:下山門

303系 K02編成 トイレ付き 2008年7月撮影

K02編成① クハ303形0番台 クハ303-2

K02F 2008.7撮影 ①号車(クハ303)トイレ付き 窓部分が埋めてあるのに注目

K02編成② モハ303形100番台 モハ303-102

K02編成③ モハ302形0番台 モハ302-2

K02編成④ モハ303形0番台 モハ303-2

K02編成⑤ モハ302形100番台 モハ302-102

K02編成⑥ クハ302形0番台 クハ302-2

撮影場所:下山門

 

 

鉄道車両写真集カテゴリの最新記事