JR九州 103系1500番台(国鉄色)筑肥線用 直流通勤形電車 1983年~

JR九州 103系1500番台(国鉄色)筑肥線用 直流通勤形電車 1983年~

1983年。筑肥線が福岡市営地下鉄と相互直通運転をすることとなりました。
この時 導入されたのが103系1500番台です。最後の新製103系編成です。
ただ筑前前原より西、 唐津までの区間は輸送量も少なく6両編成も必要ありません。
そこで1989年に登場したのが、3連用改造車、クモハ103-1500番台及びクモハ102-1500番台です。
ここでは国鉄色をUPしています。
2003年より①号車は103系としては珍しいトイレ付き車両となりました。
こちらはJR九州色でUPしています。

103系1500番台 筑肥線用 E08編成(国鉄色)

JR九州 103系1500番台 6両編成 編成表 E01F~10F
←西唐津                福岡空港→
E07:クハ103-1507+モハ103-1507+モハ102-1507
E08:モハ103-1508+モハ102-1508+ クハ103-1508
E07+E08F 撮影2001.4.4:下山門
参照:JR電車編成表 00年夏号

E08編成⑥ クハ103形1500番台 クハ103-1508

E08編成⑤ モハ102形1500番台 モハ102-1508

E08編成④ モハ103形1500番台 モハ103-1508

撮影場所:下山門

③連用 E11~18編成(国鉄色)クモハ102形、103形

JR九州 103系1500番台 3両編成 編成表 E11F~18F
←西唐津                福岡空港→
E11:クハ103-1511+モハ103-1511+クモハ102-1511
E12:クモハ103-1512+モハ102-1512+クハ103-1512
参照:JR電車編成表 00年夏号

E11編成③ クモハ102形1500番台 クモハ102-1511

撮影場所:筑前前原

E16編成① クモハ103形1500番台 クモハ103-1516

撮影場所:筑前前原

正確に言うと 最後の新造103系は赤羽線の増結用にS58.10~S59.1にかけて製造された
モハ103(-787~-793).モハ102(-2044~50)の7ユニットです。

鉄道車両写真集カテゴリの最新記事