101/111ページ

101/111ページ

「VVVFインバータ試作車」JR東日本 207系900番台(珍車ギャラリー#060)

207系といえば… 1991年にデビューしたJR西日本初のVVVFインバータ制御となる通勤形電車で、484両を数えるまでに量産されています。 2005年4月尼崎-塚口間でおきた痛ましい事故のイメージを払拭するため新鋭321系と同様のカラーリングが施され、すっかり影が薄くなってしまいましたが、今でもJR西日本の顔とも言うべき車両の一つです。 さて、207系 のトップナンバー編成であるC […]

北神急行電鉄 7000系 7000-A系

1988年の開業に合わせ1987年から川崎重工業で製造されました。 神戸市営地下鉄 西神・山手線の規格に合わせた19m車で、アルミ合金製です。 GTOサイリスタ素子によるVVVFインバータ制御装置を搭載します(1C4M)。 内装は親会社である阪急らしさが反映しており、座席にはゴールデンオリーブ色のモケットを採用し、内壁は木目調となっています。 当初は5連×4で登場しましたが、2年後の89年に4号車 […]

神戸市営地下鉄 3000形 西神線 山手線 

神戸市営地下鉄 3000形は、西神線・山手線快速を新設した1993年7月ダイヤ改正にあわせて登場しました。 1000形、2000形と同じく、自動列車制御装置 (CS-ATC)と自動列車運転装置 (ATO)を搭載したアルミ合金製の3ドア19m車です。 神戸市では初めてのVVVFインバータ制御(GTO)が採用され、外観や車内も大きく変化し、北神急行7000系に近いスタイルとなっています。 1993年と […]

神戸市営地下鉄 1000形 -01形 -02形 西神線 山手線

1977年の開業にあわせて登場した1000形は、1989 年までに18編成が製造されました。 神戸市電のイメージを引く継ぐ濃淡ツートンの緑色を基調とした車体で番号の字体も個性的です。 このように伝統を引き継ぎながらも、1000形は当時の地下鉄としては画期的なアルミボディに冷房付き車体となっています。またATC(自動列車制御装置)に加えATO(自動列車運転装置)までも備えた電機子チョッパ制御車です。 […]

神戸市営地下鉄 2000形 西神線 山手線

神戸市営地下鉄 2000形は、北神急行開業にともなう1988年4月ダイヤ改正にあわせて登場しました。 1000系、3000形と同じく、自動列車制御装置 (CS-ATC)と自動列車運転装置 (ATO)を搭載したアルミ合金製の3ドア19m車です。 電機子チョッパ制御(AVF)が採用されました。 1988年にまず5連×4編成が新造され,1989年には中間車を追加して6連となりました。 01 ~18Fは1 […]

野上電気鉄道 1994年廃線

野上電気鉄道は1916年2月に日方 – 野上が、1928年3月には野上- 登山口間が開業しました。 昭和30年代以降、モータリゼーションの進展による乗客の減少から経営難に陥り、1971年には全線廃止の方針を打ち出されました。 その後沿線自治体の補助金を受けることでなんとか生き延びてきた野鉄でしたから、新車など導入できるはずもありません。古い電車を使い回すことになりました。 しかしその […]

JR東日本 E3系0番台 秋田新幹線「こまち」 E3系1000番台 / 2000番台 山形新幹線 「つばさ」

E3系0番台 秋田新幹線 こまち 用  R1~16編成 JR東日本E3系0番台は、1997年3月、秋田新幹線「こまち」用として5両編成でデビューしました。 在来線である田沢湖線も走行するため、アルミ合金製の車体は長さ20M・幅2,95Mと在来線の規格に合わせて、一回り小形に作られています。 なお新幹線駅では収納式のステップを使用します。 1998年に増結付随車E328形(14号車)が登場して現行の […]

JR西日本 207系 新塗装(0番台 1000番台 2000番台) 網干総合車両所(明石)

*0番台;F1編成は1991.1先行量産車(C1編成)として当初は淀川電車区に配置されました。 東西線開業以後、量産車改造を経た207系は吹田工場高槻派出所を経て網干総合車両所-明石品質管理センターに集中配置されました。 よって唯一の7両編成でもあるF1編成は、東海道山陽線で使われることが多くなりました。 あたかも大型一枚窓に見える両開き扉のガラス窓もなくなり、電気連結器を持たないことぐらいしか違 […]

JR西日本 207系 旧塗装(0番台 1000番台 2000番台)

207系は、JR西日本が登場させた新世代の通勤電車です。 VVVFインバータ電車であるのはもちろんのこと、通勤電車でありながら最高速度が120km/hに引き上げられたことなどが注目ポイントです。 *0番台;試作車であるC1編成は91年1月、量産車改造されたF1編成は91年12月から運行をはじめました。 松井山手 – 木津間はホーム有効長が4両分だったため、3連を松井山手で増解結していま […]

JR西日本 207系 先行量産車C1編成 F1編成(量産改造車)

C1編成は91年1月(量産車改造されたF1編成は91年12月)から運行をはじめました。 国鉄時代に207系900番台(試作車)が存在していたことからC1編成は先行量産車と呼ばれますが、JR東日本の901系と同じく、JR西日本が次世代の通勤電車はかくあるべし。と世に問うた試作車です。 VVVFインバータ電車であるのはもちろんのこと、通勤電車でありながら最高速度が120km/hに引き上げられたことなど […]

1 101 111