東武鉄道 5000系

東武鉄道 5000系 モハ5050形

東武鉄道 5000系

-5000系は7800系の車体更新車です。
非冷房車の5000系(1979年製:4連・2連×各2本=12両)と、
冷房車で2・4両編成の5050系(1980~84年製:4連、2連×各12本=72両)
冷房車で6連固定編成5070系(1984~86年製:6連×13本=78両)
に分類され総数は162両です。なお5000系は1984~85年に冷房化され、併せてブレーキもHSCに統一されました。
登場時は伊勢崎線や東上線の本線運用にも充当されましたが、新性能車である8000系などとは性能面で見劣りしたことから、1991年以降全車が野田線へ集中配置されました。
5000系は2003年に、5070系は2004年までには廃車。5050系は亀戸線のほか群馬栃木ローカル線に活路を見いだしましたが、ワンマン化に対応できず、2007年に姿を消しました。

-鉄道車両写真集-
東武鉄道 5000系 7800系 7300系  へJUMP

 

鉄道車両写真集カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。