阪急電鉄 神宝線 3000系

阪急電鉄 神宝線 3000系

 3000系は1967年の神戸線1500V昇圧を踏まえた昇圧対応車。
1964~69年に114両がナニワ工機で製造されました。Tc-M-T-Mcの4連が基本です。
電動機はSE534(170kw×4)WN駆動です。
台車はミンデンドイツ式(FS-345/045)ブレーキは発電ブレーキ併用のHSC-Dを搭載しました。
1975~84年に冷房化されました。
冷房装置はRPU-3003(10,500kcal/h×3基/両)あわせてM’Mユニット(1C8M)方式へ変更、パンタグラフも移設されています。
運転台を撤去、中間車化改造されたものもあります。
1982~89年に行先表示幕が取り付けられました。
1988年より4連に分割、箕面線と伊丹線に6連に短縮したものは今津北線に転属しました。
2020年に引退。

阪急神戸線 *3000系 オリジナル車 非冷房車 3029

撮影場所:中津

阪急宝塚線 *3000系_冷房改造車 CI化以前 3070

撮影場所:中津

阪急宝塚線 *3000系8連_冷房改造車 CI化以前 3007

撮影場所:

阪急神戸線 3000系_冷房改造車 3080 伊丹線4連

撮影場所:新伊丹

-鉄道車両写真集-  
神宝線  2000系 2100系 2021系  3000系  3100系     5000系 5200系 へJUNP

鉄道車両写真集カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。