小田急電鉄_3000系 SSE ロマンスカー

小田急電鉄_3000系 SSE ロマンスカー

 SSE車は1957年7月、3000形「SE」としてデビュー。
当時は8両連接の固定編成,全て電動車で、形式はいずれもデハ3000形でした。
車体は軽量化のため張殻構造とし強度補強のためリブが入っています。
制御装置は、電動カム軸式抵抗制御装置(1C4M)のMM-50A形(東芝)。
主電動機は、出力100kWの直流電動機TDK-806-1A(東洋)。
駆動装置は中空軸平行カルダン駆動方式で、歯数比は3.71(登場当初)でした。
ブレーキは、HSC-D。台車は、近車が得意とするシュリーレン台車 KD17(電動台車) KD18(付随台車)です。
冷房装置については、当初取り付けられていませんでした。
1962年2月から冷房設置工事が行われ、9,000kcal/hのCBU-381形を1両あたり2台ずつ搭載しました。
1968年、御殿場線電化にともない、SE車(8両連接車×4編成)を5両連接車×6編成に組み換え改造、御殿場線直通列車に使用することにしました。これがSSE車です。
その際、ギア比を4.21に改めています。また3号車は両端とも付随台車となったため、新形式のサハ3000形が登場しています。
1991年3月定期運用が終了、1992年3月にさよなら運転が行われ全車両が廃車となりました。

小田急電鉄 3000系 SSE車 3031×5 ① デハ3000形 3035

小田急電鉄 3000系 SSE車 3031×5 ② デハ3000形 3034

小田急電鉄 3000系 SSE車 3031×5 ③ サハ3000形 3033

小田急電鉄 3000系 SSE車 3031×5 ⑤ デハ3000形 3031

撮影場所:新百合ヶ丘

小田急電鉄 3000形 SSE車 3031×5 編成表
←新宿⑤           小田原①→
3031-3032-3033-3034-3035 M’c-M-T-M-M’c
デハ3000-デハ3000-サハ3000- デハ3000-デハ3000
私鉄車両編成表 83年版 撮影 1992.3

大井川鉄道 3000系_モハ3000形 モハ3005

撮影場所:新金谷

大井川鐵道 3000系Ⅰ 5両編成 編成表
←金谷①   千頭⑤→ もと小田急3000系SSE
モハ3000-モハ3000–サハ3000-モハ3000–モハ3000  Mc-M-T-M-Mc
3005-3004-3003-3002-3001
参考;私鉄車両編成表90年版

 

-鉄道車両写真集-  
3000系SSE    3100系NSE   7000系LSE        10000系HiSE  20000系RSE 7000系LSEリニューアル車50000系 VSE  60000系MSE  70000形GSE  30000系EXE 30000形EXEα  へJUNP

鉄道車両写真集カテゴリの最新記事