小田急電鉄_7000系 LSE ロマンスカー

小田急電鉄_7000系 LSE ロマンスカー

 7000系は、1980年にデビューしたロマンスカーです。
1963年に登場したNSE車(3100形)のスタイルを踏襲、前面展望席を設けました。
LSE車は11両連接の固定編成で、両端とも付随台車となっているサハ7050形以外は、電動車のデハ7000形ということになりますが、一括りにできないほどバラエティーに富んでいます。
制御装置は、電気ブレーキ付き電動カム軸式抵抗制御のMM-39A形(東芝)(1C4M)、駆動装置は、TD平行カルダン駆動方式で、歯数比は80:19=4.21。
ブレーキは、電気指令式電磁直通制動のMBS-D形。
台車は、アルストムリンク式空気ばね台車(FS508B(先頭=電動台車 住金製)など)です。
主電動機の出力は140kW。TDK-8420-A形[東洋]とMB-3262-A形[三菱]、の2種類。
これらは、ロマンスカーの標準仕様といっても良いでしょう。
冷房装置は、集約分散式冷房装置(10,500kcal/h×3)CU-195形[三菱]で先頭車両端は別途(4,500kcal/h×1)CU-23形[三菱]を追加しています。
1995~97年度に全4編成がリニューアルされました。
リニューアル後はHiSEに準じた塗装に変更されイメージが一新されています。
2012年から廃車がすすみ2018年姿を消しました。

小田急電鉄 7000系 LSE車 7001×11 ①号車 デハ7000形 7801 特急「えのしま」

小田急電鉄 7000系 LSE車 7001×11 ⑨号車 サハ7000形 7051 特急「えのしま」


小田急電鉄 7000系 LSE車 7001×11 ⑦号車 デハ7000形 7301 特急「えのしま」

小田急電鉄 7000系 LSE車 7001×11 ⑪号車 デハ7000形 7001 特急「えのしま」

撮影場所:登戸

小田急電鉄 7000形 LSE車 7001×11 編成表
←新宿⑪                 小田原①→
7001-7101-7051-7201-7301-7401-7501-7601-7151-7701-7801
M1c-M2-T1-M3-M4-M5-M6-M7-T2-M8-M9c 全部で4編成
形式はM,Mcがデハ7000形、Tはサハ7050形 下一桁を合わせている
私鉄車両編成表 93年版 撮影日92.2?

 

-鉄道車両写真集-  
3000系SSE    3100系NSE   7000系LSE        10000系HiSE  20000系RSE 7000系LSEリニューアル車50000系 VSE  60000系MSE  70000形GSE  30000系EXE 30000形EXEα  へJUNP

鉄道車両写真集カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。