東武鉄道 350系 特急しもつけ/スカイツリートレイン

東武鉄道 350系 特急しもつけ/スカイツリートレイン
目次

東武鉄道 350系

300、350系は200系投入により余剰となった1800系を改造した車両です。改造ポイントは日光線用に発電・抑速ブレーキを搭載したことです。
1991年より6050系で運転されていた快速急行に投入しこれを急行に格上げ、しもつけ・きりふり・南会津・ゆのさとなどに使用されました。
2006年のダイヤ改正からは特急に格上げされています。
350系との違いは300系が6連であるのに対して350系は4連であるということです。
2017年ダイヤ改正で300系は引退、350系は特急に格上げされた「しもつけ」用として使われていました。(2020年廃止)
2021年現在、350系は、特急「きりふり」として不定期運用され、また
臨時列車や団体列車などでも使用されています。
なお350系は2010年4月から8月まで「スカイツリートレイン」としても運行されていました。

-鉄道車両写真集-
東武鉄道 1800系 300系 350系  350系 特急しもつけ スカイツリートレイン  へJUMP

鉄道車両写真集カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。