JR西日本 201系 東海道、山陽線用 明石区

JR西日本 201系 東海道、山陽線用 明石区  

国鉄201系はスチール製車体ではありますが電機子チョッパ制御を採用した高性能車両です。 東海道 山陽緩行線に84年から配属され86年には明石区に224両(7連32本)集中配置されました。 85年のダイヤ改正では、各駅停車のデータイム201系化が達成され201系の高性能がものをいったダイヤとなりました。 一方、朝夕はJR化以後も103系とともに運用され、103系に足を引っ張られ本来の力を発揮できずに […]