JR九州 811系100番台 近郊形交流電車 サハ811形200番台

JR九州 811系100番台 近郊形交流電車 1992年~

811系100番台は1992~93年に4連×11本=44両が製造されました。 0番目のマイナーチェンジ車です。扉近くの座席を固定化する程度で大きな違いは見られません。 注目はPm105、106編成にサハ811形200番台を組み込んでいることです。 臨時の長距離列車で使用することを考慮してトイレを設置したものです。 なおPm105編成はリニューアルされPm8105編成となりました。 サハ811-20 […]