JR九州 811系 「REDEYE」検測装置搭載車 Pm7609編成 2018.19年改造

JR九州 811系 「REDEYE」検測装置搭載車 Pm7609編成 2018.19年改造

811系 REDEYEは営業列車に検測装置を搭載した車両です。
2018年にPm109編成が、2019年にPm105編成が改造されました。
編成車番は+6000。加えてリニューアル改造で+1500、車椅子スペース設置で+500となります。
クモハ810-109→(+6000、+リニューアル1500)→7609
クモハ810-105→(+6000、+リニューアル1500、+車椅子スペース設置500)→8105
中間車のモハ811-1609はリニューアル車ですが検測装置は搭載していません。

811系改 REDEYE Pm7609編成 南福岡電車区

JR九州 811系 Pm7609編成 4連  1992年製 2018年リニューアル
←門司港④                 ①荒尾、宇佐→
クモハ810-7609+モハ811-1609+サハ811-1609+クハ810-7609
もとPm109編成
クモハ810-109+モハ811-109+サハ811-109+クハ810-109
所属 南福岡電車区  参照:JR編成表2024年夏号 撮影2023.5:博多

Pm7609編成① クハ810形7600番台 クハ810-7609

検測装置搭載改造車

Pm7609編成② サハ811形1600番台 サハ811-1609

検測装置は搭載していません。

Pm7609編成③ モハ811形1600番台 モハ811-1609

検測装置は搭載していません。

Pm7609編成④ クモハ810形7600番台 クモハ810-7609

検測装置搭載改造車

鉄道車両写真集カテゴリの最新記事