京成電鉄 8000系 抵抗制御車/界磁チョッパ車/VVVFインバータ制御車

新京成 8000形は、1978~85年にかけて6連×9本=54両製造されました。
18m級の片側3ドアのスチール製車体で特になんということはないのですが、おもしろいのは制御方式です。
①抵抗制御(01・03編成) (*新京成では01編成は8502編成とされています。)
②界磁チョッパ制御(07・15編成)
③VVVFインバータ制御(05・09・11・13・17編成)の3通りがあるのです。
モーターについても①抵抗制御編成は直巻直流電動機、
②界磁チョッパ制御編成は複巻直流電動機(ともに三菱製、出力110kW)
③VVVFインバータ制御はかご形三相誘導電動機(東芝製 出力160kW)と違いがあります。
ただし駆動方式・歯車比はWN平行カルダン駆動・5.47 編成も6両固定(MT比4M2T)で統一されています。
起動加速度は2.8km/h/s(抵抗制御編成・界磁チョッパ制御編成)で、モーターの出力をUPしたVVVFインバータ制御編成は3.0km/h/sとなっています。

新京成電鉄 8000形 抵抗制御編成 8503F⑥ 8504

新京成電鉄 8000形 抵抗制御編成 8503F③ 8006

新京成電鉄 8000形6連_抵抗制御車(8503編成)
←京成津田沼①        ⑥松戸→
8503-8005-8006-8007-8008-8504
Tc-M1-M2–M1-M2-Tc  形式は,クハ8500-Tc モハ8000-M
参考 私鉄電車編成表07年版 撮影 2011.2.

新京成電鉄 8000形界磁チョッパ編成 8507F① 8507

新京成電鉄 8000形界磁チョッパ編成 8507F③ 8014

新京成電鉄 8000形6連_界磁チョッパ車(8507編成)
←京成津田沼①        ⑥松戸→
8507-8013-8014-8015-8016-8508
Tc-M1-M2–M1-M2-Tc  形式は,クハ8500-Tc モハ8000-M
参考 私鉄電車編成表07年版 撮影 2011.2.

新京成電鉄 8000形 VVVFインバータ制御編成 8517F① 8517

新京成電鉄 8000形 VVVFインバータ制御編成 8517F③ 8034

新京成電鉄 8000形6連_VVVF制御改造車(8517編成)
←京成津田沼①        ⑧松戸→
8517-8033-8034-8035-8036-8518
Tc-M1-M2–M1-M2-T  形式は,クハ8500-Tc モハ8000-M
参考 私鉄電車編成表07年版 撮影 2011.2.

 

-鉄道車両写真集-
 N800形  8900系  8800系 8800系改    8000形   ■800形 へJUNP

鉄道車両写真集カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。