神戸市営地下鉄 6000形 西神線 山手線

神戸市営地下鉄 6000形 西神線 山手線

6000形は2018年から川崎重工業で製造されているアルミ合金製の19m車です。
制御装置は日立製のSiC素子を使用したVVVFインバータ制御(IGBT)で1C4Mとなっています。
従来は4M2T(130kwモーター)でしたが6000形では3M3T(170kwモーター)となっています。
3000形は~28Fですので6000形は29F がトップナンバーです。
2022年度までに6連×28本を順次投入し、西神・山手線の1000形18編成、2000形4編成、3000形6編成の全28編成を6000形に置き換え2023年度には全て6000形に統一、西神・山手線全駅にホームドアを設置する予定です。

神戸市交通局 6000形47F⑥ 6600 Tc2 6647

撮影場所:伊川谷

神戸市営地下鉄 西神線山手線 6000形 6両編成 編成表
←西神中央①      ⑥新神戸、谷上→
6100-6200-6300-6400-6500-6600
Tc1–M1-M2-T-M3-Tc2 編成毎に下2桁を揃えている。
29F~が6000形。(~18Fは1000系,~22Fは2000形)
参照 私鉄車両編成表20年版  撮影 2021.10 伊川谷

神戸市交通局 6000形47F⑤ 6500 M3 6547

撮影場所:伊川谷

神戸市交通局 6000形37F⑤ 6500 M3 6537

鉄道車両写真集カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。