JR西日本 207系 新塗装(0番台 1000番台 2000番台) 網干総合車両所(明石)

JR西日本 207系 新塗装(0番台 1000番台 2000番台) 網干総合車両所(明石)

*0番台;F1編成は1991.1先行量産車(C1編成)として当初は淀川電車区に配置されました。
東西線開業以後、量産車改造を経た207系は吹田工場高槻派出所を経て網干総合車両所-明石品質管理センターに集中配置されました。
よって唯一の7両編成でもあるF1編成は、東海道山陽線で使われることが多くなりました。
あたかも大型一枚窓に見える両開き扉のガラス窓もなくなり、電気連結器を持たないことぐらいしか違いを見いだせません。
量産車はH5編成でご覧ください。旧塗装及びC1編成は別タイトルでUPしています。

*1000番台;97年の東西線開業にあわせて94年から追加されたグループ。1C1Mになっています。S19.S41編成でご覧ください。

*2000番台;2002年から増備されているグループ。VVVFインバータ措置がIGBTになりました。T26編成でご覧ください。
いずれも、尼崎のあの事故以降、塗装が改められています。

2005年11月~2006年3月に全車両の塗色を変更

JR西日本 207系F1編成⑦ クハ207形(先行量産車) クハ207-1

撮影場所:茨木

JR西日本 東海道,山陽線用 207系F1編成(量産改造車) 7両編成、
←京都⑦            ①加古川→
クハ207_1-モハ207_1-モハ206_1-サハ207_1
-サハ207_2-モハ207_2-クハ206_1
*F1編成は1991.1先行量産車(C1編成)としてデビュー。
網干総合車両所-明石品質管理センター
参照:JR編成表08年版 撮影2010.9

JR西日本 207系 H5+S41編成⑦ クハ207形(基本番台) クハ207-105

撮影場所:千里丘

100番代はもともと電気連結器を設置したグループ。
ただしJR東西線乗り入れ対応時にF1以外の先頭車すべてに電気連結器が設置され,0番代と100番代の違いはなくなっています。

JR西日本 東海道,山陽線用 207系 H5+S41編成 7両編成、
←京都⑦            ①加古川→
H5編成:クハ207_105-モハ207_507-モハ207_1513-クハ206_105
S41編成: クモハ207_1060-サハ207_1046-クハ206_1060
網干総合車両所-明石品質管理センター
参照:JR編成表08年版 撮影2010.10

JR西日本 207系 H5+S41編成① クハ206形(1000番台) クハ206-1060

撮影場所:千里丘

*1000番台;97年の東西線開業にあわせて94年から追加されたグループ。1C1Mになっています。

JR西日本 207系 T26+S19編成⑦ クハ207形(2000番台) クハ207-2014

撮影場所:東淀川

*2000番台;2002年から増備されているグループ。VVVFインバータがIGBTになりました。

JR西日本 東海道,山陽線用 207系 T26+S19編成 7両編成、
←京都⑦                      ①加古川→
T26編成:
クモハ207_2014-サハ207_2014-モハ207_2007-クハ206_2014
S19編成: クモハ207_1034-サハ207_1020-クハ206_1034
網干総合車両所-明石品質管理センター
参照:JR編成表08年版 撮影2010.10

-鉄道車両写真集-   
 207系 先行量産車C1編成→F1編成 / 207系 0、1000、2000番台 旧塗装 /207系 0、1000、2000番台 新塗装 へJUMP

鉄道車両写真集カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。