伊豆急行 2100系 リゾート21 R1~3編成

伊豆急行 2100系 リゾート21 R1~3編成

1985年7月にデビューした2100系は、「リゾート21」と名付けられました。
先頭の展望席だけでなく、大型の連続窓から海側の展望を堪能できる座席がユニークです。
100系の後継車両であり、特別料金をとらない普通列車ですが、観光列車としての豪華な設備がウリとなっています。
制御方式は抵抗制御で発電ブレーキ併用電磁直通空気ブレーキ (HSC-D)を採用しています。
電動機はTDK806/5-A、歯車比は5.31で高速向きに設定されました。
制御装置や主電動機などを100系から流用したR1編成は2006年にR2編成は2009年に姿を消しました。
足回りを含め完全な新製車両である1988年登場のR3編成以降は、2021年現在活躍を続けています。

R3編成は ATS-Pを装備、最高速度を110km/hとしました。東海道線へ直通するためです。
快速「リゾートライナー21」でR3編成は私鉄車両初の東京駅乗り入れを果たしました。
これが特急「リゾート踊り子」へと発展することになります。
「リゾート踊り子」は、2016年5月に運転を終了しましたが、R3編成は、2017年2月金目鯛をPRする「Izukyu KINME Train」へリニューアルされました。
R4編成(90年デビュー)「リゾート21EX」「黒船電車2代目」とR5編成(93年デビュー)「アルファ・リゾート21」は「Izukyu KINME Train」とともに別タイトルでUPしています。

伊豆急行_リゾート21 R1編成① クハ2150形 2152

撮影場所:熱海

伊豆急行 2100系 8連 リゾート21 R1編成
←熱海⑧                 伊豆急下田①→
R1: 2151-2101-2104-2182-2102-2171-2103-2152
クハ2150-モハ2100-モハ2100-サロ2180-モハ2100-サハ2170-モハ2100-クハ2150
参考;私鉄車両編成表2000年版

伊豆急行_リゾート21 R1編成⑤ サロ2180形 2182 ロイヤルボックス

撮影場所:熱海

伊豆急行 2100系 8連 リゾート21 R1編成
←熱海⑧                 伊豆急下田①→
R1: 2151-2101-2104-2182-2102-2171-2103-2152
クハ2150-モハ2100-モハ2100-サロ2180-モハ2100-サハ2170-モハ2100-クハ2150
参考;私鉄車両編成表2000年版

伊豆急行_リゾート21 R2編成① クハ2150形 2154

撮影場所:宇佐見

伊豆急行 2100系 8連 リゾート21 R2編成
←熱海⑧                 伊豆急下田①→
R2: 2153-2105-2108-2184-2106-2172-2107-2154
クハ2150-モハ2100-モハ2100-サロ2180-モハ2100-サハ2170-モハ2100-クハ2150
参考;私鉄車両編成表2000年版

伊豆急行_リゾート21 R2編成⑤ サロ2180形 2184 ロイヤルボックス

撮影場所:宇佐見

伊豆急行 2100系 8連 リゾート21 R2編成
←熱海⑧                 伊豆急下田①→
R2: 2153-2105-2108-2184-2106-2172-2107-2154
クハ2150-モハ2100-モハ2100-サロ2180-モハ2100-サハ2170-モハ2100-クハ2150
参考;私鉄車両編成表2000年版

伊豆急行_リゾート21 R3編成① クハ2150形 2156

撮影場所:熱海

伊豆急行 2100系 7連 リゾート21 R3 編成(サロ抜き)
←熱海⑦                 伊豆急下田①→
R3: 2155-2109-2112-2110-2173-2111-2156
クハ2150-モハ2100-モハ2100-モハ2100-サハ2170-モハ2100-クハ2150
参考;私鉄車両編成表2000年版

-鉄道車両写真集-
伊豆急行 100系改造車+1000系     200系     8000系  2100系 R1~3   リゾートEX アルファリゾート21  へJUMP

 

 

鉄道車両写真集カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。