東武鉄道 350系 (珍車ギャラリー#394)

東武鉄道 350系 (珍車ギャラリー#394)

50年を越えて優等列車であり続けた 東武 350系

東武鉄道 350系

東武350系は、200系投入により余剰となった急行「りょうもう」用1800系を1991年に改造したものです。
日光線にも乗り入れることから発電・抑速ブレーキを追加しました。
1800系のうち、13・16・17・18Fを改造し、6連×2を300系、4連×3本を350系としました。
種車となる1813,1816Fは1969年9月製ですから、351,353Fは52年の歳月を経て今なお、優等列車として活躍を続けていることになります。
すごいですね。ここで1800系についてお話しします。

1800系のパフォーマンス

1800系は1969年にデビューしました。
観光列車であるDRC1720系と異なりビジネス仕様とされたため、1720系に比較すると地味ではありますが、当時の国鉄急行形車両(普通車)がボックスシートだったのに対し回転式クロスシート(リクライニング機能なし)を採用しました。
洗面所こそ設置されてはいませんが、トイレは当初から汚物処理装置付きの循環式とされました。
なお清涼飲料水の自動販売機が設置されたのは1800系が最初です。
ドアは乗降を速やかにするためドア幅は900 mmの広幅となりました。
モハ1830形のみ2箇所、他の車両には1箇所づつ設置されました。
窓は大型(幅1,520mm)の固定窓で、冷房装置は1720系と同じ「キノコ」型の分散式RPU11T2-33。
集電装置はスペース確保するため下枠交差式パンタグラフを採用しました。
特急用といっても差し支えないスタイルです。
一方、走行機器は同時期に製造された8000系とほぼ共通です。
というと「なぁんだ。」と思われそうですが、
主電動機は130kw、主制御器は日立製のVMC超多段型制御、そう。バーニア制御器です。
発電ブレーキがない分かえって加減速はスムースです。
東武の郊外線区は駅間距離があり、各停でも結構すっ飛ばすんです。8000系をなめちゃあいけません。
さらに1800系では最終弱め界磁率を20%にし(8000系は30%)高速性能を向上、台車も急行用にチューンアップしています。

1800系は生まれながらにして特急用車両としてのパフォーマンスを秘めた車両だったのです。

東武鉄道 1800系 りょうもう

東武鉄道 伊勢崎線、桐生線 1800系 急行りょうもう 6連 編成表
←浅草⑥         伊勢崎 赤城①→
1811_1821_1831_1841_1851_1861
Tc-M-M-T-M-Tc
11~19F 編成ごとに末尾1桁を揃えている

1969年に4連固定×6本製造され、1973年には2編成増備されました。
1979年には中間車2両を追加、6連固定となりました。
(1987年に14年ぶりに1819F が1編成増備されています。
なお、この1819Fは14年のブランクがあったため他の編成とは外観・内装共に異なります。)

1991年 300系350系登場

1991年に200系が登場。
1800系は急行「りょうもう」(1999年より特急)から順次離脱することになります。
しかし車齢は20年ほど、19F に至っては4年です。
1813F・1816F・1817F・1818Fは300・350系に、
1811F・1812F・1815Fは通勤車に改造されました。

東武鉄道 伊勢崎線、日光線 350系 4連 編成表
←浅草④   東武日光 鬼怒川温泉①→
350-1_350-2_350-3_350-4
Tc1-M2-M1-Tc2 特急「しもつけ」「きりふり」
351~353Fの2編成  形式はクハ350-1+モハ350-2,-3+クハ300-4

東武 300系

東武鉄道 伊勢崎線、日光線 300系 6連 編成表
←浅草⑥      東武日光 鬼怒川温泉①→
300-1_300-2_300-3_300-4_300-5_300-6
Tc1-M2-M1-M4-M3-Tc2
301~302Fの2編成  形式はクハ300-1+モハ300-2~-5+クハ300-6
参考 私鉄車両編成表2009年版 撮影 199

350系の改造種車となった1800系は6両編成2本であったことから、
352編成のみ中間車を方向転換の上先頭車改造しています。
このため352編成は客室窓の窓割りや台車の構造が351編成・353編成と異なっています。
私だったら3連×4本にするけど、それはさておき
この300系・350系の登場により6050系で運行されていた「快速急行」は「急行」に変更されました。
(関西人にとって「快速急行」は「急行」の上位となりますが、当時の東武では「快速」の上位となります。)

「快速急行」と6050系

東武 6050系 

ここで「快速急行」用の6050系についてお話ししておきます。
野岩鉄道会津鬼怒川線への直通運転に備え、1985~86年に2連×22=44両が新製されました。
座席指定の有料快速急行「だいや」「おじか」「しもつけ」にも使用されています。
しかし、基本は料金不要の快速、区間快速に使用されるのがメインであり、座席もセミクロスシート。新栃木駅以北の一般列車は主に6050系と思って差し支えありません。

1991年7月、350系300系は6050系で運転されていた座席指定の快速急行に投入、
急行「しもつけ・きりふり・南会津・ゆのさと」また「尾瀬夜行」「スノーパル」などの臨時夜行列車でも活躍することになります。
350系300系をして、しっかりグレードアップされたといっていいでしょう。

2006年 300系350系は特急に

2006年のダイヤ改正からは特急に格上げし、
350系は、特急「しもつけ」、
300系は浅草→南栗橋の特急「きりふり(平日のみ)」や
浅草⇔東武日光の「きりふり(臨時列車)」などでも使用されました。

さすがに寄る年波にはあらがえず、2017年 300系は引退し、350系の特急「しもつけ」も2020年に廃止されました。
現在、平日運転の特急「きりふり」に使用されています。

500系「Revaty(リバティ)」デビュー

さて、東武は2017年。500系「Revaty(リバティ)をデビューさせました。
特急形車両の新造は26年ぶりのことです。

東武鉄道 伊勢崎線、日光線 500系 特急リバティ3連 編成表
←浅草③  東武日光 鬼怒川温泉①→
501F;501-3_501-2_501-3
Mc2-T2-Mc1
501~508Fの8編成 形式はモハ500-1形+サハ500-2形+モハ500-3形
参考 私鉄車両編成表2018年版

3連なんですね。
愛称となる「Revaty」は併結・分割することで東武特急のすべてをリカバーする「Variety」の意と編成の自由度を表す「Liberty」に由来します。
「リバティけごん」と併結し、鬼怒川線から野岩鉄道、会津鉄道へ乗り入れる直通特急列車「リバティ会津」に、加えて春日部で分割する野田線直通通勤特急や「尾瀬夜行」「スノーパル」などの臨時夜行列車にもリバティが導入されました。

東武特急の新たな可能性を拓いたわけですね。
短編成だからこそ、なしえたわけです。
私は、350系がいたからこそ、こうした自由な発想が引き継がれたような気がします。
500系リバティーは3連×8本=24両で営業運転を開始し、2020年には3連×3本が増備されました。2021年にはなお6本追加するそうです。
そうなれば、いよいよ350系は頼もしき後輩に後を託すことになるのでしょう。

-鉄道車両写真集-
東武鉄道 1800系 300系 350系  350系 特急しもつけ スカイツリートレイン  へJUMP

珍車ギャラリーカテゴリの最新記事