西武鉄道 551系

西武鉄道 551系

西武 551系 TR-14A

西武鉄道 551系

-551系は1961.62年に4連×6=24両(モハ551形551~562・サハ1551形1551~1562)が451系の後継形式として新製されました。
451系と同じく全金属製20m級車体ですが、451系の切妻マスクとは異なり、湘南型となりました。
足回りは戦前型旧型国電と同一の機器を搭載していました。すなわち国鉄払い下げのMT15系モータ、CS-5電空カム軸式制御器、TR14A/TR11A台車という足回りで、ブレーキはAM系電磁自動空気ブレーキです。
1971年より空気ばね台車FS40へ換装されたものもあります。

西武 551系 FS-40台車
1984年から廃車が発生。旧型台車装備車から除籍されました。
中間車を抜いてクハ1651+クモハ551(2連×3本)が多摩川線で運用されました。
1987年には多摩川線でも廃車が発生、。88年には形式消滅しました 。

-鉄道車両写真集-

西武鉄道 351系 551系 571系   701系 801系 401系 

 へJUMP

鉄道車両写真集カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。