西武鉄道 351系

西武351系

西武鉄道  351系

-351系は、1954年に初代501系として誕生し、その後、411系を経て再度改番されたものです。
クモハ351に中間車にサハ1311を挟んだ3連となりました。

西武は、戦後徹底した旧型国電のリユース、リサイクルを行っており、351系も新造ではありますが、足回りはツリカケ駆動でMT-15系モータ、制御器は電空カム軸式CS-5 ブレーキはAM系電磁自動空気ブレーキ、、台車はTR-14A(Mc)、TR-11A(Tc)とその足回りは旧型国電をそのままでした。
多摩湖線国分寺駅は構造上、17 m車3両編成の入線が限界であったということから、多摩湖線専用編成として1990年まで活躍しました。

-鉄道車両写真集-
西武鉄道 351系 551系 571系   701系 801系 401系  へJUMP

鉄道車両写真集カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。