西武鉄道 701系

西武鉄道 701系

西武 701系 クハ1729

西武鉄道 701系

-701系は、1963~67年製。西武初のカルダン駆動車601系(1963年製)に続いて、1963~67年に4連×8本=192両が新製されました。
主要機器は601系を踏襲し、電動カム軸式の抵抗制御装置MMC-HT-20Aを偶数車に搭載。1C8M制御でMMユニットを構成します。
電動機はHS-836-Frb定格出力は120kW、駆動方式は中空軸平行カルダン、歯車比は5.60 電動台車は、FS342(国鉄DT21タイプ)付随台車も、TR11A(国鉄払下げの省形台車)を採用(69年以降、空気ばね台車であるFS072へ順次換装)
制動装置は発電制動を持たない自動空気ブレーキ仕様、低圧電源は直流100V仕様と、経済性ならびに従来車との併結を考慮しました。
ただし外観は551系と同一の車体を採用した601系に対して、701系はデザインを一新、101系に引き継がれてゆきます。
1975年より冷房化改造にあわせ電磁直通ブレーキ (HSC) 化がなされ、おもに新宿線系統で活躍しました。
1988年から廃車がはじまり、1997年姿を消しました。

-鉄道車両写真集-
西武鉄道  701系 801系  へJUMP

鉄道車両写真集カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。