JR東日本 E7系新幹線

JR東日本 E7系新幹線

E7系は2015年3月の北陸新幹線金沢開業に向けて開発されました。
北陸新幹線は30‰の勾配区間や降雪地など条件の厳しい路線です。
最高速度は260km/hですが、10M2Tの強力編成でブレーキ性能も向上させています。
電源周波数も50/60Hzの両方に対応させるなど他の新幹線とは異なるシステムとなっています。
E5系に引き続き12号車にグランクラスを導入しました。
定員はグランクラス18名・グリーン車63名・普通車853名の計934名です。

2019年10月、台風19号による浸水で、北陸新幹線用車両の3分の1となるE7系8編成、W7系2編成 計10編成(120両)が被災し全編成が廃車されました。
この画像は07編成です。もう この勇姿を見ることはできません。

-鉄道車両写真集-  東北 上越 北海道 秋田 山形 北陸新幹線 INDEX
JR東日本 E7系 北陸新幹線用JUMP

 

鉄道車両写真集カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。