東武鉄道 1800系 急行りょうもう

東武鉄道 1800系 急行りょうもう
目次

東武鉄道 1800系 りょうもう

1800系は1969年にデビューしました。
当時の国鉄急行形車両(普通車)がボックスシートだったのに対し、1800系は回転式クロスシートを採用しましたが、特急ではなく急行です。
人気を博した急行〈りょうもう〉号用として、1800系は1969年に4連固定×6本製造され、1973年には2編成増備されました。
1979年には中間車2両(サハ1850形/モハ1860形→サハ1840形/モハ1850形に改番)を追加、6連固定となりました。
増備車は台車がS形ミンデンに変更されているのでご確認ください。
1987年に14年ぶりに1819F が1編成増備されています。この1819Fは14年のブランクがあったため他の編成とは外観・内装共に異なります。
1991年には200系が登場。「りょうもう」から順次離脱しました。
しかし車齢が若かったため、1813F・1816F・1817F・1818Fは300・350系に、1811F・1812F・1815Fは通勤車に改造されました。

1819Fのみ1800系として存続しましたが、2018年5月引退しました。2021年6月現在、350系のみが活躍を続けています。

-鉄道車両写真集-
東武鉄道 1800系 300系 350系 へ 350系  しもつけ  スカイツリートレイン へ JUMP

鉄道車両写真集カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。